守備で期待値が高まる鶴岡。

【VS DeNA 6-5 勝】

5回表の2点は防げた失点で、絶対にストライクを投げてはいけない2つの場面で共にストライクを投げたことが原因だった。

1死1塁、投手榎、絶不調梶谷を追い込んで、絶対ストライクゾーンに投げてはいけない場面で真ん中低めに直球を投げてライト前ヒット。

その後、1死2・3塁、投手金田、打者ブランコ、フルカウント、一塁が空いていて次打者多村。ここもストライクがいらない場面で真ん中フォーク。

共に捕手の配球というより、投手の技術不足で生じたことなので、鶴岡に責任はないが何らかの方法を考えて欲しかった。
攻守の総合力で藤井より上と踏んでいるので、何故今まで使わないのか不思議でしょうがなかった。
私の捕手構想は、正捕手鶴岡、控え一番手梅野(経験を積ませることを優先)、控え二番手・抑え捕手藤井である。

特に鶴岡には守備で、リード面での期待値が高い。
移籍直後、今季初出場を差し引いいても、7回以降の金田、加藤、福原、呉と既に各投手の特徴を把握したいい配球をしていた。
もっと色んな投手と組んでいけば正捕手が更に近づく。これからに期待したい!

そして、6回裏の拙攻。もう例える言葉がない。
同点でなお無死1・3塁。パスボールで弟が突っ込んでアウト。3塁コーチ山脇が制している様子もなく棒立ち。

今年は3塁コーチが高代になり、去年のようなストレスはなくなったが、今はインフルエンザで離脱中。代わりの山脇が神宮でも悠々セーフを止めていたりとやらかしていたが、今日もやらかした。いくらアライがGOのゼスチャーしても3塁コーチが止めなければいけない。
早く高代の復帰を望む。

最後に歳内について。
初先発を見ていて、中々しんどかったが、あれから2年経ったがやはりしんどかった。もちろんコマがいないので、無理矢理投げさせて抑えたらラッキーという期待で中西も投げさせているのは重々分かっているが、将来性も全く感じなかった。スピード、コントロール、メンタル等全てプロの一軍レベルには及ばない。

ただ、「今のままでは通用しない」という気概からシュートを覚えて、何とか変化を求めた姿勢は買いたい。しかし、それだけで勝てるほどプロの1軍は甘くない。

球種は直球、スライダー、フォーク(あれはスプリットではない)、シュート、カーブ。
安定してストライクをとれる球種がなく、加えて全球種コントロールがアバウト過ぎる。逆球が多い多い。
あれだけ逆球が多いとアウトの内容の必然性が低く、偶然性が高い。昨日の岩崎と比較すればわかりやすいだろう。あれだと最大もって2周りだと見ていた。

今後、この課題を克服すれば何とか‥というレベルでもないので、課題の提示もしようがなく、どうしようもない。

しかしこんな若手ばっかりなので悲しい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

とラッキー
2014年04月11日 14:49
サイウチくんのシュートはテレビで見ていてもわかるくらい変化していましたね。
総合力の上乗せは必用ですが、藤波以外の若手では彼にがんばってもらいたい。
巨人の大竹を目指してほしい。
阪神タイガース a review
2014年04月13日 12:20
とラッキー 様

変化はしていましたが、打者が嫌なボールにはなっていませんでしたね。コントロールもかなりアバウトでしたし。
厳しいようですが、どのチームにも先発では通用しないと思います。

この記事へのトラックバック