もはや年中行事の9月戦線…、まともな指揮官を望む。

【VS中日戦 2-7 負】

柴田2番起用、6回表の三塁走者マートンでのディレードスチールなど大事な時期に相変わらずの迷采配が炸裂しており、本当にシラける。

大事な9月に柴田を2番に起用。もう根拠も何もない。いき当たりばったりの思いつきでしかない。読売を見て欲しい。開幕からあれだけ打順を変えていたが、8月末から長野、亀井の離脱を除いてはほぼ固定している。大事な9月戦線に使える戦力と打順の見極めを原が行い、それを実行している。私は開幕からそういうビジョンの元、起用を唄っていたが阪神はどうだろう。未だにキーマンの2番、6番が根拠のない日替わり起用を繰り返している。

伊藤隼も前回の記事で指摘した心配が現実になり、ヒットを量産してた打撃とは別人でもう影も形もない。昨日も全打席見たが内容も結果もひどい。しかし、これは誰もが通る道で、ここからの奮起次第がレギュラーへの分かれ道になるだろう。精神論ではなく、技術を修復して奮起を期待したい。

そして年中行事になっている阪神の9月戦線。8月末から9月は、緊張と疲労の影響でチーム本来の実力が出る誤魔化しがきかない時期だが、真弓からワダ君まで毎年9月は勝てない。にも関わらず、意味不明のタイミングでの球団社長のワダ君続投宣言。私は客観的に見て今季の阪神はペナント優勝は出来ない、またそれに値しないチームだと思うが、ファンなのでもちろん最大限応援している。

しかし、真弓とワダ君が就任してからは、運よく優勝に絡むと無理矢理続投させようとするので、それならBクラスに落ちろと、阪神の将来を考えると優勝争いしなくてもいいので、まともな指揮官に早く変わって欲しいとさえ思ってしまう。同じ思いのファンはきっと大多数いるはずで、ファンでありながら心から優勝を願えない事は本当に恥ずかしい。

そこでワダ君、お願いだから潔く辞めて下さい。3年も好き放題迷采配をやり尽くし、希望した選手も取ったが結果も内容も変わらない。続投要請する方も恥ずかしいが、それを引き受けることを恥ずかしいと思わないワダ君は更に恥ずかしい。特に野手の選手層は厚く、読売にも引けを取らないレベルにまで達している。今季に至っては、阪神から投手(防御率、セーブ、最多勝)と打撃(打率、打点)でタイトルホルダーが乱立する可能性もある。これがワダ君の無能さを余計に際立たせており、この事実だけで充分解任理由に値する。

続投理由が若手育成、優勝争いをしているらしい。まず、若手は育成していない。ワダ君の大好きなベテランたちが怪我をして、消去法で出す選手が若手しかいなくなり使っただけのことで、それを証明するかのように一番大事なこの時期に若手でレギュラーはいない。強引だが、野手、投手合わせて唯一育てたと言えるのは金田ぐらいで、これも実質は中西の功績だ。若手育成というのは、原石を見立てるセンスとそれを貫く信念が一番重要で、この定義に当てはまるのが読売橋本、ヤクルト山田らだろう。ワダ君にはセンスも信念もない。

そして、チームの目的は優勝争いをすることでもCSに出ることでもない。目標はペナント優勝のみだ。そこの認識が球団社長もズレまくっている。と言うかファンをバカにしている。いつになればまともな発想のフロント、指揮官になるのだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック