中谷の成長

毎日厳しいゲームが続くが超変革の道のりは険しい。ファンも金本も我慢のしどころだろう。
多くの若手にチャンスを与えるの良いことだが、そろそろ年間レギュラーを張れる可能性のある若手選手を数人に絞るべき時期にもきている。
個人的には、センター江越、レフト高山を使い続けて欲しいのだが‥。現実は厳しい。

その中でも大和の扱いに苦言を呈したい。
守備は誰もが認めるところで、セカンド、ショートの守備なら日本でベスト3に入るレベルでまさに天才肌だろう。仮に彼がソフトバンクやヤクルトな打てるチームにいるならセカンド、ショートでレギュラーでも問題ないが、阪神は長打、得点不足にあえいでいる。そんなチーム状況で、ロースコア予想のゲームでセカンドかショートという条件ならでスタメンでも納得いくが、打順で2番はない。論外だ。
特にセンターでスタメンなら守備力と打撃を天秤にかけてもトータルでマイナスだろう。金本は大和の打撃を過大評価し過ぎの傾向があり、右打ち・進塁打が打てない、空振りが多い、バンド成功率も低いが現状だ。唯一の長所は得点圏打率が高いぐらいか。近年は足も錆びつき盗塁も今季は3。2年ほど前は終盤1点ビハインドでの代走で初球にあっさり盗塁を決めていたが、今は思い切りもなくなり、企画すらできない。典型的な守備固めのタイプに成り下がっている。

将来レギュラーを張れる可能性がある若手外野陣は、江越、高山、板山、緒方、中谷と見込んでいるが、その中で最後まで二軍にいた中谷がやっと一軍昇格した。
15日のゲームで全打席じっくり見たが打撃が去年と別人になっていた。まず左足が地面に着く直前にボールを見る間ができている。今はストライクゾーンに来た球を何でも打ちにいっているが、一軍レベルの球に慣れればこの間で選球眼も向上する。
最大の変化は、インパクトで右足が後ろに逃げなくなり、パワーがより打球に伝わるようになりスイングスピードも増している。当たれば長打もかなり期待できる打撃に変貌している。これは掛布の指導なのか?もしそうであれば二軍監督など辞めて一軍打撃コーチに就任すべきだろう。もちろん、ほぼ一軍未経験のため場数を踏ませて慣れさせる必要があるが、元々、守備と肩はレベルが高いので、レギュラーを取れる条件は揃っている。右投手でもしばらく使って欲しい。俊介などスタメンで使うより、可能性は無限にあるだろう。

得点が取れない原因は、何よりも二塁打~ホームランの長打不足に尽きる。1イニングででる安打数など限られているので、単打ばかりでは得点できない。長打が出ないなら足を絡めないと!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック