低迷の原因は鳥谷ではない。

VS 読売戦 2-6 負

しかし今季はよく負ける。
これ以上負けが込むと、金本の求心力が下がり、選手が白ける可能性もあるので心配だが、今季は今の選手起用を貫いて、世代交代を更に加速させて欲しい。

そして、鳥谷外しが叫ばれ、低迷のスケープゴートにされているが、それは違う。
確かに守備に限定すればもう1軍でショートを守れる状態にはなく、記録に現れないエラーも多い。今季も5試合ぐらいは勝敗に影響を及ぼしている。
しかし打撃に関して言えば、まず彼が一体どれほどの打者なのか?
期待し過ぎだろう。試合を決めるクリーンアップでもないし、もちろん4番でもない。いいとこ2割8分で出塁主体の四球が多い繋ぎの打者である。仮に今季ここまで2割8分打っていたとしてもさほど勝敗に影響はない。鳥谷外しより、ゴメス不振、原口ベンチの方がよっぽど勝敗に直結する。

問題の本質は後継者候補が大和しかいないことだ。
これは真弓とワダ君のつけを金本が払わされているに過ぎない。

2軍でも若い植田がメインで守っているが、他にショートを守れそうなのが森越、荒木ぐらいしかいない。(森越の打撃も捨てたものではないので一度チャンスを与えてやって欲しいが‥。少なくとも大和より上である。)
西岡、大和、上本、荒木とセカンドばかりに選手が集中し、飽和状態にある。この編成ではドラフトでは吉川や京田などショートを1位でいかざるを得ない。
そもそも北條はセカンドで固定するべきで、サードで2割7分、HR1本では来季以降厳しい。サード、ファーストは長打力ありきの人選を積極的にして西岡離脱をいいきっかけにするべきだ。

大和もショートで2割2分ならレギュラーの可能性もあると思っていたが、あの脆弱な打撃では年間2割も維持できない。12球団一点が取れない阪神でいくら守備力が高くとも、2割打者をスタメンに入れる余裕はない。

結論を言うと、フルイニング出場は切るべきだが、鳥谷を外しても勝敗にさほど影響はない。
大和スタメンで守備でのプラスが見込めても、打撃では相当マイナスで1試合27アウトの内ほぼ4アウトを無条件で謙譲することになる。結果、攻守トータルでマイナスだろう。要するに外しても、期待できる変わりがいないので外せない。この辺りが金本が鳥谷外しに踏み込めない最大の要因であろう。
事実、鳥谷は四球62個(リーグ2位)、出塁率.340(阪神では福留に次ぐ2位)である。この辺りを期待して、金本も2番に置いている根拠はわかるが、後半戦も打撃の内容が酷すぎて2番は?と感じざるを得ない‥。

そして、若手育成に反論を唱える声が聞こえる中、今は主に高山、中谷、江越、原口、梅野らが起用されている。金本には、ブレずに自らの選手を見る眼を信じてもらいたい。

もちろん伸びしろを期待して起用されているが、私から言わせれば彼らがベストで、代わりに誰がいるのかと言いたい。中堅の大和、上本、伊藤隼、俊介、清水、今成、弟などもチャンスをもらい結果が出せなかった。出ていたらとっくにレギュラーだろう。

そして、金本にはもう一段世代交代ヘのギアを上げてもらい、若手の絞り込みと、原口をどこで使い続けるのか、原口中心のチーム編成にする覚悟を決めて腹を括って欲しい。個人的には、原口は今季捕手で使い続けてから、来季以降どのポジションを守らせるかを判断して欲しい。そして北條は守備力が劣るのをありきでセカンドで使って欲しい。

我々ファンも2年後を見ている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック