見る度に悪くなる藤浪。4月とは別人‥。

【2-12 オリックス戦 負】 DeNA3連戦を見て、連敗街道が近いと感じた。 攻撃が更に落ち投手陣が0か1点に抑えなければ勝てない状態が続くことが予想できたが、上本が1番に復帰し打線に流れが少しでてきた。緒方も走塁ミスはあったが、今日のマルチと大和の不調から明日はセンターでスタメンだろう。本来ならライトと言いたいが、今の大和は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴメスが心配だ‥。

【VS 横浜戦 1-3 負】 「1、2、4、1、6、0、1、2、3、1、1、4、1」 並べてみると悲しくなる。5月の阪神の得点だ。 今日はバルにヒット性を4本全てとられたりとツキもなかったが、いくら打撃が底と言え、かれこれ2週間である。点がとれない原因は多々あるが、上本一人が抜けたことが全て影響しているとは思えない。これだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開幕から1ヶ月半でやっと緒方がスタメン?正当な評価を望む!

【VS広島 1-2 負】  両チームとも拙攻が目立ったゲームだった。 同点で安藤2回、呉1回1/3。これで負けるとキツイ。これだけリスクを犯したにも関わらず、関本、梅野を使わずベンチに残すという大失態。正にワダ君ワールド。 今日も12回で5安打。打てないというか点が取れないゲームが続いているので、判で押した打順ではなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

負けに不思議の負けなし、9連戦2勝4敗、5割が遠のく‥。

やはり1-0の逃げ切りは難しい。 打線が低調のためロースコア勝負が増える。そして4~6番の出塁率が高いので必然的に7・8番にスコアリングポジションで回る確率が増える。おのずと今日のような展開になり、前回から私の指摘通り福留起用が勝敗に直結する。 今日は福原、加藤を攻めれない。 ゲームのポイントは7回弟タイムリー後、尚1死1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今成セカンドなど論外!大和セカンド起用に隠された問題。

昨日のゲームは3回までしか観ていないので触れないが、大和セカンド起用について書きたい。 私はセカンドでの起用に問題は感じない。 大和の守備センスならキャンプから内野練習を全くしていない状態でも、明日から守れと言われればそれなりにこなすだろう。 初めて彼の試合前ノックを観たのが5年前だが、グラブ裁き、捕球は今まで見た内野手の中で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

痛い上本離脱。打開策はあるのか?

【対ヤクルト戦 4-1 勝】  痛すぎる上本離脱。 手駒で嫌らしいスタメンが組めない状況になってきた。たった一人の離脱で打線から嫌らしさが消えてしまう程、存在感が大きくなっていた。 上本は3年前から個人的に思い入れが強い選手で、消化ゲーム以外でやっとレギュラーをとったと思えば骨折で離脱。 ここ2年は怪我に泣いている。しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

果たして福留は復調したのか?

【1-0 広島戦 勝】 形はどうあれ問題の福留は値千金のホームランだった。 以前から福留の打撃内容の悪さを指摘し、スタメンで使う必要性がないこと訴えてきた。 理由は一目瞭然で、依然ドアスイングで真ん中から外角付近の半遅球しか打てないところに外角よりの置きにいった遅めの直球。あの辺りしか打てないところに投げたバッテリーが悪い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今季のベストゲーム。光った岩崎・鶴岡バッテリー!

【VS中日 3-0 勝】 息詰まるような投手戦を制したのは今季初ではなかったか。 ロースコアの投手戦でよく守り、必然性の高いダメ押しの取り方と言い、間違いなく今季のベストゲームだった。 まずMVPのバッテリーから。 岩崎はもうルーキーではなく、バリバリのローテーション投手と見なさないといけない。4人目でこの安定感は本当に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベンチは梅野に配球を任せるべき。

【VS中日戦 1-4 負】 6回表、1死2・3塁、打者今成に代打アライ。 テレビ画面上、今成そのままで福留に代打アライかと一瞬期待したが、今成に代打アライでネクストで福留がバットを振っていてガッカリした。お気に入り今成に代打アライはワダ君にしては攻撃的な采配で、福留に代打関本で大正解だったのに‥。 決して結果論でなく、福留…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の捕手の序列について。

今年の捕手の序列について。 ワダ君の開幕当初の序列は①藤井②清水③梅野④鶴岡だった。 しかし、カード一回り後には、①藤井②鶴岡③梅野④清水に変わる。特に、藤井への全幅の信頼が際立ち、正捕手として起用し休ませるゲームに鶴岡を起用するというパターンに成りつつある。いいように言うと全幅の信頼だが、見方によってはワダ君得意の「とりあえず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブレまくるワダ君、淡白なヤクルトに感謝。

【VSヤクルト 4-2 勝】 欲を言えば終盤ダメ押しを取らなければいけなかったが、こういう投手戦で逃げ切る方が阪神らしい。大勝するより、こういうスコアで勝ちきる野球を目指すほうが連敗しない確率が高くなる。 今日もワダ君十八番の初回送りバンドで幕を開ける。 結果的にこの回3点入るも、実質は1点で西原のエラーで2点もらったよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初回の送りバンドはもう見たくない。

【VS広島 1-3 負】 もったいない試合だった。 今日も初回上本ヒットの後、判で押した大和送りバンド。結果0点。 しかし毎回懲りない。こうなるともはや点を取ることが目的ではなく、送りバンド成功が目的のように思える。 しかも相手は未勝利のルーキー。送りバンドで大瀬良はホッとしたに違いない。 何のための上本1番か? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気が早過ぎるが、西岡復帰後のスタメンについて。

【VS読売 9-0 勝】 ポイントはもちろん6回裏マートン3ラン。打った方が素晴らしく、ゴメスは待球、マートンは早打ちとバランスが取れている。相変わらずゴメスは凡打でも内容が素晴らしい。7番ライトとは大違いだ。 そして、7回表阿部ゲッツーで勝敗は決した。 7回裏無死2塁、打者大和。 フリーに打たせて結果的に大和が右打…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

守備で期待値が高まる鶴岡。

【VS DeNA 6-5 勝】 5回表の2点は防げた失点で、絶対にストライクを投げてはいけない2つの場面で共にストライクを投げたことが原因だった。 1死1塁、投手榎、絶不調梶谷を追い込んで、絶対ストライクゾーンに投げてはいけない場面で真ん中低めに直球を投げてライト前ヒット。 その後、1死2・3塁、投手金田、打者ブランコ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

これだけ失点が多い原因とは?

【VSヤクルト 15-8 勝】 勝つには勝ったが誉められたゲームではない。 7回裏の田上の美技、8回表先頭打者ヒット、上本四球とこの辺りがビッグイニングを生んだ要因だったが、若手がビハインドで活躍するほど嬉しいことはない。 特に上本は狙ってもぎとった四球で価値があった。 中日の2戦目辺りから自慢のアッパースイングがな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弟、俊介、緒方が浮かばれない。。。

【VSヤクルト 2-5 負】   今日も今成、福留のスタメンを見て落胆から始まる。 ワダ君は就任以来、セフティースクイズ、初回無死で出塁すれば100%送りバンドなど様々なの裏付けのないポリシーを貫いてきたが、もう一つ、左投手には右打者、右投手には左打者いつまでこの無策を続けるのだろうか。 12球団でこのセオリーをやってい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

藤浪にこれから必要なこと。

【対中日戦 0-10 負】 藤浪は5回までスピード、コントロール共に申し分なかった。特にストレートが去年より明らかに綺麗な縦回転で、コントロールが良くなり、シュート回転の球も減っていた。しかし、これにより適度に荒れていてインステップ(右打者限定だが)という去年までの持ち味が消えてしまった。 とは言え体への負担や疲労度からイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

疲れたが今季初勝利。最強読売に死角あり!

今季も始まったが、昨日今日とやはり読売戦は疲れる。。 阪神が守っている時に見ていてこんなに疲れるチームはなく、2死ランナーなしでも怖い。 しかし、疲れる分勝つと喜びも勢いも倍増だろう。 今日のポイントはマートン同点アーチ、メッセの粘りに尽きるだろう。 メッセの出来はやや悪いぐらいだったが、ランナーが出てからの藤井のリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛する阪神タイガースへの提言。

今シーズンが終了した。 何回も書いているが、私の中ではペナント優勝が最も重く、日本シリーズやCSなど単なる興行に過ぎない。 仮に阪神がペナントを取ってのCSなら気合も入るが、日本シリーズは読売VS楽天になることを祈る。 そういう意味では8月28日の読売戦に負けて事実上今シーズンのペナントは終わった。 ちなみにCS一戦目を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来季の一塁手は外国人。アライの役割は終わった。

8-3 読売戦 勝。 私が開幕前にベストと睨んだ内野がついに実現した。 ③弟④上本⑤西岡⑥鳥谷 皮肉にも119試合目、ペナントが決した後では遅い‥。 今日からの読売3連戦ほど虚しい試合はない。 2位として、一日でも優勝を延命するという使命はあるが、読売の内野スタメンを見ても、緊張感も全くない。 セカンドロペスって(笑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more