来季の布陣が見えてきた。まずは監督を変えよう!

3-8 DeNA戦 負。 ペナントが決してCSには興味がないので、私の中では消化ゲームに入った。 消化ゲームのため勝敗のポイントには触れないが、まず昨日の白仁田から。 都合上4回までしか見れなかったが、非常に可能性を感じた。 まず特徴として、ストレートが140キロそこそこだが、明らかに打者の手元で伸びていた。いわゆる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ここ10年で最強の読売、見事な3タテを食らう!

2-3 読売戦 負。 やはり読売とは大きな差があった。 連勝で乗り込んだ東京ドームで見事な3タテを食らった。ナゴヤドームで戦った中日とはレベルが違い過ぎた。 今日の展開なら9回同点に追いつかれた時点でもう3タテの流れだった。 ワダ君得意の思いつきで上本を緊急昇格。 スタメンを見て唖然としたが、このタイミングで上げるなら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やられ放題の第1R。

0-4 読売戦 負。 一言でいえば、普段の野球ができた巨人と、雰囲気と緊張にのまれて硬くなった阪神との差が出た。 期待の裏切り方が阪神らしいと言えば阪神らしい(笑) 悔しさも出ないほど、やりたい放題やられた。 特にスタンは、明らかに雰囲気のまれ緊張から体が制御できてなかった。 外国人で緊張する投手というもの珍しいが、あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

燃え尽きろ、読売戦。

昨日の試合は観ていないため書きようがないが、明日からの読売戦に向けて最高の流れになった。 いよいよ明日から天王山が始まる。 読売の優勝は99%決まっているようなもので、個人的には逆転優勝など大それたことは望んでない。 ペナント優勝にしか興味がなく、CSに全く興味のない私にとっては、阪神が一日でも長く読売の優勝を引き伸ば…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今季一燃えたゲーム。選手の意地を見た!

9-3 中日戦 勝。 大和は今季絶望らしい。あまりにも痛すぎる‥。 唯一、盗塁できる選手が欠けるのはかなり痛手だ。打撃でもライトへ強い当りが出たり、去年より成長していただけに残念だ。 肘・足の甲と、軽くて良いレガースが出ているので、左手首の甲にも剣道の小手のようなレガースを作れないものか。どうしても打者は打ちに行くと、手首は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松田を潰す気か?ええ加減にせい!

9-3 DeNA戦 勝。 結局はブルペン陣の差が出た。 まず、最初に昨日2回投げた松田を4点差でつぎ込むアホさ加減に言葉を失った。 8回に点が入ってなければ同点で投げる予定だったのだろう。 仮にそうだったとしても、ボイヤー2回登板になぜ変更しないのだろうか。 それぐらいの変更はきくはずだ。 こういう使い方をし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

こんなゲームに誰がした。

8-9 DeNA戦 負。 ひどいゲームだった。 打たれたメッセ、筒井、安藤に罪はない。 ワダ君采配で負けたのはこれで何回目だろうか? 選手が可愛そうで仕方がない。 なぜ責任問題に発展しないのか不思議でしょうがない。 アホオーナーは早々と続投宣言、マスコミはシーズン折り返し2位で満足したかのような報道‥。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

点が取れない理由。

1-0  ヤクルト戦 負 西岡・福留復帰後も点が取れない。 いくらこの時期、勝って結果オーライと言っても、こんな野球はヤクルト相手でしか通用しないので、連敗がいつ始まってもおかしくない状況である。 1番:西岡  打率.278 出塁率(.340) 2番:大和  .273(.330) 3番:鳥谷  .270(.380) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎年繰り返される同じ光景。。

2-4 中日戦 負。 とにかく先取点を取られると弱い。反発力がない。 オールスター以降、先取点を取られて勝ったのは1回のみ。 完封負けも多いが、序盤に2~3点取られると一気に勝率が下がる。特にベストオーダーが組めない後半戦は顕著にその傾向が強い。 しかし、離脱している西岡は、怪我の影響で打率を下げた節はあるが、得点圏にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非日常が起きない限り読売には勝てない。

3-4 読売戦 負。 昨日はゲームを見れなかったが、スタンの快投で連敗を止めたが、これからは一戦一戦である。 今日以降の事を考えられる、星勘定できる立場にはない。 焦点は読売打線VS能見だった。 能見の立ち上がりは可もなく不可もなくだったが、ストレートの方が走っていた。 初回はストレート中心で、2回にチェンジアップ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もうこの監督では一生勝てない!職を辞することを強く願う。

4-6 中日戦 負。 今年2番目に気分の悪いゲームだった。 一番は何といっても 7月17日の読売戦、メッセをリリーフ登板させたゲームだろう。 6回以降、継投を注目していたが、とんでもないアホ継投を始めたので信じられなかった。 ゲームのポイントもクソもない。 珍しく筒井が好投しているにも関わらず、根拠不明の右左論かわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

唯一の勝ちパターンはまる!しかし贅沢は言ってられない。

8-1 中日戦 勝。 この3連戦、相手のローテから一つは勝てると踏んでいたので、最大6連敗で止まると想定していた。 しかし、中日様々だった。 いかに2番手以降の投手のレベルが落ちたとは言え、点が取れたことは良しとしたい。 ゲームのポイントから。 6回裏、1死1・2塁、打者今成。 アライ、マートンがランナーのため、動け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狂った歯車は簡単には戻らない‥。

0-10 DeNA戦 負。 今日で4連敗。 ヤクルト2戦目に私が感じた緊張感の欠如がそのまま4連敗につながった。 選手のモチベーション維持、チームの雰囲気を引き締めることも、ベンチの監督の重要な役割ではないだろうか。 読売のように自力があるチームなら、気付いた時点で立て直せるが、ないチームはそうはいかない。 気付い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊張感のない立ち上がり。チーム全体に広がる勘違い?

1-11 ヤクルト戦 負。 ワンサイドゲームで、ペナントレースに置いてただの一敗だが、私は立ち上がりに嫌な雰囲気を感じた。 初回の藤浪の立ち上がりを見て、表情やしぐさから、緊張感のない緩んだ空気を感じたのは私だけだろうか? 見下すのと、舐めるのは紙一重だが、たった一点の先制点で、ゲームの勝敗が何も決していない状況で、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やはりアホ監督の考えは理解できない。

9ー6 読売戦 勝。 勝つには勝ったが、最高に後味の悪いゲームだった。 ポイントも何も書く気にならないほど、気分が悪い。 昨日は継投で負けたと言う記事が目立ったが、難しい展開だったので、同情の余地もあったが、今日ほどアホ監督にムカついたのは去年でもなかった。 なぜリリーフでメッセなのか。 意表をついたつもりなの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のみこまれたブルペン陣、防ぐ手立てはなかったのか?

3-8 読売戦 負。 中盤まで阪神ペースも7回表に一挙8点で見事な大逆転負け。 TV中継の解説者は6回裏の藤井のダブルプレー(今成の走塁ミス)から流れが変わったと連呼していたが、私はそうは思わない。 流れを阪神が渡したのではなく、巨人が自ら引き寄せたと言える。少なくとも、この回阪神側にミスらしいミスはなかった。連打でチャン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外国人も育てなければいけない時代。

6-1 中日戦 勝。 今の中日ならこういうゲーム展開になるだろう。つい最近まで苦しめられたチームとは思えない淡白さ。 昨日の田島、今日の西川と2軍のローテかと見間違えるほどで、よっぽどコマが足りないのだろう。 それにしても今日は思ったより西川に手こずったが、7~9番で4安打。これだけ下位打線が打つと点に繋がる。 勝因…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

痛い連敗。。読売との差とは?

0-1 読売戦 負。 最後は読売のブルペン3人を追い詰めたが、結局敗戦。 しかし今日の負けは痛い。 対宮國、甲子園、阿部不在、スタンの出来などの要素から今日は勝ちたいではなく、勝たなければいけないゲームだった。 敗因は宮國から点を取れなかったことに尽きる。 1回の立ち上がりを見た時は、「これはあっさり攻略できる」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶち壊した渡辺。しつこいがライト今成はない。

2-3 読売戦 負 阪神の拙攻があったとは言え、白熱の投手戦だったが、最後に渡辺がぶち壊した。 立岡は打つ気全くなしで、四球狙いの打者にストライクが入らないのではプロの投手ではない。 最近の投球を見ていて、明らかに状態が悪かったのでボイヤーかもと思ったが中西は安全策をとった。 投げさせた中西の責任だろう。 阿部が序盤に交代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋山はどういう投手を目指しているのだろうか?

0-2 広島戦 負。 まず秋山から。 じっくり見たのはルーキーイヤー以来なので、楽しみにしていたが、すぐに失望に変わってしまった。 立ち上がりからストレートの割合が高く、カットやフォークが明らかなボール球。 変化球でストライクが取れないので、ストレート系に絞られて、尚且つそのストレートが甘く入る。 打たれて当然で、打者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more