テーマ:スタメン

消化ゲームは見ていてもつまらない…。

【VS読売戦 2-8 負】 試合前から高揚感もなく、立ち上がりも緊張感がない。早くも消化ゲーム。今季も読売への挑戦権も得られなかった。こんなゲームなので、もはや打たれても虚無感すら出ない。それにしても弱い。去年より更に弱い。ついに貯金も4と底が見えてきており、借金生活も視野に入ってきた。 終盤の失速パターンは毎年同じで、点が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

もはや年中行事の9月戦線…、まともな指揮官を望む。

【VS中日戦 2-7 負】 柴田2番起用、6回表の三塁走者マートンでのディレードスチールなど大事な時期に相変わらずの迷采配が炸裂しており、本当にシラける。 大事な9月に柴田を2番に起用。もう根拠も何もない。いき当たりばったりの思いつきでしかない。読売を見て欲しい。開幕からあれだけ打順を変えていたが、8月末から長野、亀井の離脱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不可解な大和2番。

【VS中日戦 3-1 勝】 中日に勝たしてもらったありがたいゲーム。かつての落合中日なら考えられない名手大島のエラーだった。優勝戦線から早々に脱落し、怪我人も多いので、投手目線では投げるのがリーグ一楽な打線だろう。濱田を初めて見たが、手こずるのがよくわかった。今日もほぼ抑えられており、特に右打者の膝元に落ちる遅いスライダーが厄介だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変化のない秋山がゲームをブチ壊す。

【VS DeNA戦 2-8 負】 早々に秋山がゲームをブチ壊す。球種が少なくコントロールはアバウト、フォークで腕の振りが緩む。バッピ状態でそりゃ打たれるだろう。エラーもあったが、なくても二回りもたなかった。結果に大差はない。ここ3年間、投球内容や打たれるパターンに変化が全くない。秋山に限らず2~3年同じことを繰り返す若手投手が余り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メッセ熱投で先勝。梅野は攻守に反省を!

【VS 読売戦 4-3 勝】 まずスタメンから。誰が見ても今日の俊介以外のスタメンがベターだろう。6・7番が今成・弟だと嫌らしい打線に変貌する。弟のライト守備もそれほどひどくなく、去年今成が外野守りたての頃と比較しても雲泥の差だ。もちろん左右に関係なく今成・弟を継続してスタメンで使うべきで、それは伊藤隼にも言える。 今日の梅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワダ君の采配でまたゲームが壊れる。

【VSヤクルト戦 4-13 負】 今日も接戦に持ち込んでうまくやれば勝てたゲームをワダ君のアホ采配で一気にワンサイドゲーム。もう今季何回目だろう?私の記憶では二桁に乗ったのではないか。こんな指揮官で今の順位にいること自体が奇跡に近い。では勝敗に直結したアホ采配から。 まず一つ目。4回表、無死1・2塁、打者伊藤隼。 なぜ送り…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

自ら流れを手放した6回表の攻撃。

【VSヤクルト戦 6-7 負】 しかしヤクルト打線は恐ろしい。投手の質が少し落ちると通用しない。野球も粗いが、こういうチームが最下位にいて勝負どころの8~9月にはやりたくない。何も考えないイケイケ無責任野球。これほど怖いものはない。これはDeNAにも言えるだろう。そう言う意味では今週のDeNA戦は今のうちに消化したかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来るべき夏場へ向けて新戦力チェック。

先日金本が7月の好調ぶりについて「何で強いのかよくわからない」と発言していたが、的を得ている。連勝中もずっと気になっていたのは勝ちパターンの少なさ。阪神の場合、勝つには先発がゲームを作ることが絶対条件になる。これからの夏場は、投手が序盤に崩れても打ち勝つパターンや、先制・中押し・ダメ押しと大量得点で勝つパターンなどが入ってこないと苦しい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

上本価千金2ラン!そして榎田、呉を蘇らせた鶴岡のリード。

【広島戦 4-3 勝】 結果的には阪神と広島の野手の選手層の厚さが出たゲームだった。 これだけの接戦のロースコアで、代打アライ、代走大和がまだベンチに残っていた。この厚さは広島にはない。 勝因はもちろん、打てたことがない前田を打ち崩した上本同点2ランだが、あえて同点後の榎田、呉をリードした鶴岡を挙げたい。 上本はスライダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴメス進化中。読売に先勝。しかし、競争原理のないライト…。

【12ー5 読売戦 勝】 やっと打線で勝ちゲームを作れるようになってきた。今まで投手に頼りまくっていたので借りを返して欲しい。 大竹の初回の投球を見て、5回までに5~6点を取れると踏んでいたが、予想通りの展開になった。しかし、阪神の打撃は今がピーク、逆に読売は下降気味。打撃戦なら阪神有利、投手戦なら読売有利と踏んでいた。結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9回3点差で勝った気になる懲りないワダ君…

【VS DeNA戦 3-0 勝】 リーグ戦再開以降、相変わらずワダ君は鼻につくことばかりをする。弟、緒方抹消、西岡復帰の時期、福留起用など挙げればキリがない。現在4連勝しているが、単純に投手の頑張りによるもので毎試合5回まで定番の0対0。こうも点がとれなければ連勝は続かない。そして定番の勝ちパターンの少なさは何ら解消されていない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後半戦への提言

【前半戦総括】 ここまで68試合、ほぼ半分を消化した。断っておくが、私は勝利につながる監督の采配や、将来の阪神につながる選手起用をできれば評価したい。しかし、真弓からワダ君にかけてのこの6年間は采配、選手起用について本当にストレスが多い。出来れば書きたくないが、この2人は書かずにはいられないほどの事を平気で何回もやる。普通の監督が普通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワダ君の評価基準とは?

【VS西武戦 8-1勝】 五回表、1死1・2塁、打者緒方、投手野上。 1打席目でチェンジアップが全く合わず三振。そして第2打席。そのチェンジアップが気になって泳ぎ気味だったにも関わらず、逆球の真っ直ぐを一発で仕留めてHR。対応力という点でも改めて緒方の打撃のセンスを感じた。先日金本が、まず中距離打者の3番を目指してダメなら、1・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沈みつつある船‥。

【VSロッテ戦 3-8 負】 ついに貯金を吐き出す寸前まで来た。私の予想より早く5割を切りそうだ(笑)。今の阪神は5回まで3-0でいけば9割勝てる。楽なチームだ。 今日も相変わらずセンスのないスタメンが並ぶ。柴田スタメンの意味がわからない?ワダ君がわざと点を取れないスタメンにしているのかと疑いたくなる。いつまで大和2番を続けるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

求む、当たり前の事を当たり前にできる普通の監督!

【VS楽天戦 3-4 負】 指揮官がやることをやらないと負けるという典型的なゲーム。 7回表、1死満塁、打者メッセ。 ここまでの則本の出来、ゲームの流れ、ベンチの手駒など全ての要因を考えても100%代打だ。絶対だ。結果的にメッセをそのままいかせて偶然で押し出しを取ったが確率でいうと限りなく0に近かった。この場面0点なら間違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大和2番の根拠は?

【VS日ハム 4-1 勝】 下位打線がクローズアップされているが、昨日は両外国人が打てば勝っていた。打てなかったので負けた。そして今日は打ったので勝った。それだけのことだ。下位打線はあくまでも厚み言わいるプラスアルファなのでそれほど騒ぐことではない。しかし、7番.193、8番.050の列びは中々お目に掛かれない。(笑)とにかく清水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厳しさのないワダ、責任回避采配はどこまで続くのか!

【5-7 西武戦 負】 楽勝ワンサイドゲームがワダの責任回避采配で逆転負け。こんなゲームにした張本人はワダである。 4回裏、2点取り尚も無死1・2塁、打者福留。 この場面は誰が何と言おうと送りバンドだ。送って2・3塁で更にヒットが出る確率が下がる大和、清水でも送りバンドだ。結果的にセンターライナーだったが福留、大和、清水で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清水の好守がゴメスのホームランを呼んだ!

【VSオリックス戦 7-6 勝】 スタメンを見て唖然とした。緒方の名前がない‥。 大和を外したくなくてセンター大和、ライト緒方なら理解できるが、有り得ないセンター大和、ライト福留? 12球団見て規定打席に到達していて2割ジャストでレギュラー扱いされている選手(捕手以外)がいるか?阪神だけだろう。今日も全打席見たが、内容も変わら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見る度に悪くなる藤浪。4月とは別人‥。

【2-12 オリックス戦 負】 DeNA3連戦を見て、連敗街道が近いと感じた。 攻撃が更に落ち投手陣が0か1点に抑えなければ勝てない状態が続くことが予想できたが、上本が1番に復帰し打線に流れが少しでてきた。緒方も走塁ミスはあったが、今日のマルチと大和の不調から明日はセンターでスタメンだろう。本来ならライトと言いたいが、今の大和は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴメスが心配だ‥。

【VS 横浜戦 1-3 負】 「1、2、4、1、6、0、1、2、3、1、1、4、1」 並べてみると悲しくなる。5月の阪神の得点だ。 今日はバルにヒット性を4本全てとられたりとツキもなかったが、いくら打撃が底と言え、かれこれ2週間である。点がとれない原因は多々あるが、上本一人が抜けたことが全て影響しているとは思えない。これだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開幕から1ヶ月半でやっと緒方がスタメン?正当な評価を望む!

【VS広島 1-2 負】  両チームとも拙攻が目立ったゲームだった。 同点で安藤2回、呉1回1/3。これで負けるとキツイ。これだけリスクを犯したにも関わらず、関本、梅野を使わずベンチに残すという大失態。正にワダ君ワールド。 今日も12回で5安打。打てないというか点が取れないゲームが続いているので、判で押した打順ではなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

痛い上本離脱。打開策はあるのか?

【対ヤクルト戦 4-1 勝】  痛すぎる上本離脱。 手駒で嫌らしいスタメンが組めない状況になってきた。たった一人の離脱で打線から嫌らしさが消えてしまう程、存在感が大きくなっていた。 上本は3年前から個人的に思い入れが強い選手で、消化ゲーム以外でやっとレギュラーをとったと思えば骨折で離脱。 ここ2年は怪我に泣いている。しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

果たして福留は復調したのか?

【1-0 広島戦 勝】 形はどうあれ問題の福留は値千金のホームランだった。 以前から福留の打撃内容の悪さを指摘し、スタメンで使う必要性がないこと訴えてきた。 理由は一目瞭然で、依然ドアスイングで真ん中から外角付近の半遅球しか打てないところに外角よりの置きにいった遅めの直球。あの辺りしか打てないところに投げたバッテリーが悪い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今季のベストゲーム。光った岩崎・鶴岡バッテリー!

【VS中日 3-0 勝】 息詰まるような投手戦を制したのは今季初ではなかったか。 ロースコアの投手戦でよく守り、必然性の高いダメ押しの取り方と言い、間違いなく今季のベストゲームだった。 まずMVPのバッテリーから。 岩崎はもうルーキーではなく、バリバリのローテーション投手と見なさないといけない。4人目でこの安定感は本当に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベンチは梅野に配球を任せるべき。

【VS中日戦 1-4 負】 6回表、1死2・3塁、打者今成に代打アライ。 テレビ画面上、今成そのままで福留に代打アライかと一瞬期待したが、今成に代打アライでネクストで福留がバットを振っていてガッカリした。お気に入り今成に代打アライはワダ君にしては攻撃的な采配で、福留に代打関本で大正解だったのに‥。 決して結果論でなく、福留…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の捕手の序列について。

今年の捕手の序列について。 ワダ君の開幕当初の序列は①藤井②清水③梅野④鶴岡だった。 しかし、カード一回り後には、①藤井②鶴岡③梅野④清水に変わる。特に、藤井への全幅の信頼が際立ち、正捕手として起用し休ませるゲームに鶴岡を起用するというパターンに成りつつある。いいように言うと全幅の信頼だが、見方によってはワダ君得意の「とりあえず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブレまくるワダ君、淡白なヤクルトに感謝。

【VSヤクルト 4-2 勝】 欲を言えば終盤ダメ押しを取らなければいけなかったが、こういう投手戦で逃げ切る方が阪神らしい。大勝するより、こういうスコアで勝ちきる野球を目指すほうが連敗しない確率が高くなる。 今日もワダ君十八番の初回送りバンドで幕を開ける。 結果的にこの回3点入るも、実質は1点で西原のエラーで2点もらったよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初回の送りバンドはもう見たくない。

【VS広島 1-3 負】 もったいない試合だった。 今日も初回上本ヒットの後、判で押した大和送りバンド。結果0点。 しかし毎回懲りない。こうなるともはや点を取ることが目的ではなく、送りバンド成功が目的のように思える。 しかも相手は未勝利のルーキー。送りバンドで大瀬良はホッとしたに違いない。 何のための上本1番か? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気が早過ぎるが、西岡復帰後のスタメンについて。

【VS読売 9-0 勝】 ポイントはもちろん6回裏マートン3ラン。打った方が素晴らしく、ゴメスは待球、マートンは早打ちとバランスが取れている。相変わらずゴメスは凡打でも内容が素晴らしい。7番ライトとは大違いだ。 そして、7回表阿部ゲッツーで勝敗は決した。 7回裏無死2塁、打者大和。 フリーに打たせて結果的に大和が右打…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

これだけ失点が多い原因とは?

【VSヤクルト 15-8 勝】 勝つには勝ったが誉められたゲームではない。 7回裏の田上の美技、8回表先頭打者ヒット、上本四球とこの辺りがビッグイニングを生んだ要因だったが、若手がビハインドで活躍するほど嬉しいことはない。 特に上本は狙ってもぎとった四球で価値があった。 中日の2戦目辺りから自慢のアッパースイングがな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more