テーマ:阪神タイガース

道半ばだが超変革検証①

金本阪神について、就任1年目は高山・横田の1・2番で機動力を掲げた野球で華々しくスタートし、以降様々な期待を持ちながら2年間応援し見守っていたが、結局、数年阪神の課題である「点が取れない」「生え抜き野手レギュラー・HRバッター育成」は一切解消されていない。むしろ今季は後退していると言ってもいいだろう。 今季の打撃陣は、ロサリオと心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤浪を襲う投球イップスの怖さとは…。

VS 広島戦 3-5 負 藤浪の2ヶ月ぶりの1軍登板は4回2/3、3失点、7四死球だった。 私の見たところ完全に投球・送球イップスだろう。去年からバンド処理一塁送球のみ症状は出ていたが、今季は右打者に投げる時に症状が出ている。古くは、阪神木戸、オリックス田口などが思い出されるが、現役では中日荒木、SB内川、最近では読売阿部や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目先の勝利など要らない。超変革継続を望む。

交流戦は貯金2で終了し、想定外の嬉しい結果になったが、ここ3カードの平均得点は2.5点と投手にかなりの負担を要している。 結局、いきつく課題は変わらず点が取れない、原因も長打不足、機動力が使えないと変化は見られない。 しかも、ここ2カードはベンチが足を絡めた攻撃をするわけでもなく、機動力を使えるスタメンを組むわけでもなく変化や危…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうした?金本?

VS 読売戦 2-1 勝 20日中日戦の7回裏8番松井敬遠など、今季の金本の采配にはガッカリすることが多い。 今日も勝てたが、勝ちパターンで位置づけているドリス、マテオ、桑原の登板過多が続いている。 特に桑原は今日も2イニング、39球投げている。明日が月曜ということもあるが、一般的に40~50球投げれば炎症がとれるのに2日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WBCの結果に思うこと。

日本は2大会連続ベスト4で幕を閉じた。 前回同様、投手は通用したが、打者がオランダ、キューバクラスの投手には対応できたが、アメリカや中南米系、いわゆるMLBのトップクラスの高速の動くボールに対応が出来なかった。 アメリカ戦を見て感じたのは、日本でトップクラスのミート力を誇る山田、坂本、筒香が全く自分の打撃をさせてもらえなかった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

必然の逆転負け。本当の敗因とは。

VS 読売戦 1-3 負 必然の逆転負け。8回のピンチで藤川起用など自殺行為に等しい。9月でブルペン陣の役割や序列を決められていないことが異常だが、今季こういう光景を何回見ただろうか? 藤川についての記事をまとめていたが、もうバカらしくなったのでアップを止めた。自らの現在地を理解して速やかに今季で身を引くべきだろう。 そん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来季の布陣が見えてきた。原口のポジションは?

昨日のDeNA戦のスタメン(セカンド上本・サード今成を除く)が金本の来季構想に最も近いのではないか。 今後も原口中心のチーム作りを進めなければならない。 しかし、デビュー時に比べると疲労からか、特にスローイングは別人になってしまった。 投手への返球でもわかるが、半円を描くように肘を一度肩より下げて使っているが、あれでは送球まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金本がワダ君化してきている‥

金本のワダ君化が心配である。 【12日 中日戦】 ・スコア0-0 1回裏 無死1塁、投手バルデス、走者北條、打者大和 →送りバンド ・スコア2-0 7回裏 無死1塁、投手バルデス、走者中谷、打者弟(次打者メッセ) →送りバンド 【13日 中日戦】 ・スコア0-0 1回裏 無死1塁、投手小笠原 走者北條 打者大和  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

低迷の原因は鳥谷ではない。

VS 読売戦 2-6 負 しかし今季はよく負ける。 これ以上負けが込むと、金本の求心力が下がり、選手が白ける可能性もあるので心配だが、今季は今の選手起用を貫いて、世代交代を更に加速させて欲しい。 そして、鳥谷外しが叫ばれ、低迷のスケープゴートにされているが、それは違う。 確かに守備に限定すればもう1軍でショートを守れる状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原口がベンチの理由とは?

これだけ点が取れない中、なぜ原口を使わないのだろう?理解に苦しむ。 継投や捕手のスタメン決定権は矢野が握っているため、また矢野の仕業だろう。点が取れないのなら失点を少なくというゲームプランの元、矢野が岡崎を過大評価して使っているのは推測できるが、ここ数試合そのプランどおりには行っていない。岡崎の配球や守備力がどれほど優れているのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ金本が悪いのか?このチームは絶対に強くなる。

VS 広島戦 3-8 負 藤浪を8回160球投げさせたことについて金本が批判をされているが、私はそうは思わない。 ここまで金本は藤浪に対して打たれても擁護し、去年までの成績、経験から別格扱いし、次に期待するという趣旨のコメントを繰り返していた。しかも捕手との組み合わせも変えるなど配慮も相当していた。私から言わせればあれだけの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あり得ない敬遠策。

VS広島 3対4 負 今季は信じられないことがよく起こる。今日も数えきれない程のミスの嵐。 この3連戦で合わせると凄い数になる。野球はミスをするスポーツだが、これだけして勝てる方が不思議だろう。 今日のゲームだけで言えば、勝敗を分けたベンチの采配ミス(正確には矢野の指示ミス)として私は9回、1死1・3塁での新井敬遠を挙げた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中谷の成長

毎日厳しいゲームが続くが超変革の道のりは険しい。ファンも金本も我慢のしどころだろう。 多くの若手にチャンスを与えるの良いことだが、そろそろ年間レギュラーを張れる可能性のある若手選手を数人に絞るべき時期にもきている。 個人的には、センター江越、レフト高山を使い続けて欲しいのだが‥。現実は厳しい。 その中でも大和の扱いに苦言を呈し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俊介スタメン?目先の勝利にとらわれるな!

VS中日戦 3-4 負 まぁ中々お目に掛かれないゲームだった。 終盤、8、9回で、原口サイン違い、ゴメス、鳥谷エラーとありえない凡ミスが3つ。これで勝とうとする方が厚かましい。 思えば開幕は③ゴメス④西岡⑤ヘイグ⑥鳥谷でスタートした今季。守備に関して言えば、外野はある程度計算できるが、内野は年間で計算すると相当厳しい布陣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来の正捕手候補デビュー!

VS 読売戦 1-11 負 ついにきた。 原口が支配下登録され、即一軍昇格。 本当に金本は野手に関しては色眼鏡で見ない。良いものは育成だろうが何だろうが上げて即使う。歴代の指揮官で今までこのような起用をする監督がいただろうか?それだけでも称賛に値する。今のスタイルを続けて欲しい。 さてその原口。打撃はオープン戦を見てい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

監督自らの決断による継投、投手編成を望む。

1-2 DeNA 負 超変革の元、始まった今季。ここまで野手や攻撃にはその変化が存分に見られるが、投手の継投、1軍編成に関しては、先発を引っ張り過ぎ→イニング頭から継投できない→結果出した投手にピンチを止める力量がないため継投失敗と去年と変化が見られない。 まだ開幕2カード終わっただけで時期早々だが、これは矢野と香田の入れ知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若手は自ら育てるもの。

来季へ向けて課題は山積しており、前回も書いたが我々ファンも2年は我慢が必要だろう。 しかし、継続して優勝争い、Aクラス入りができるなら2年ぐらいは容易い。 点が取れない(長打不足)、外国人依存症、FA補強頼みの偏ったチーム編成、若手が育たない、ブルペン高齢化など課題は山積しているが、取り掛かるのは点が取れない(長打不足)、若手が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワダ君退任!万歳!!悪の元凶とは…。

今日ワダ君の退任が正式発表された。 本当に長かった。この日が来るのを待ちこがれていたが、これからは葛藤なく純粋に阪神を応援できる。 よく4シーズンもやらせたものだと思う。真弓を含めると、7シーズンも糞みたいな野球を見せられた。 長くプロ野球を観ているが、プロ野球の歴代監督でこれほどひどい監督は記憶にない。 もちろんワダ君も1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消化ゲームは見ていてもつまらない…。

【VS読売戦 2-8 負】 試合前から高揚感もなく、立ち上がりも緊張感がない。早くも消化ゲーム。今季も読売への挑戦権も得られなかった。こんなゲームなので、もはや打たれても虚無感すら出ない。それにしても弱い。去年より更に弱い。ついに貯金も4と底が見えてきており、借金生活も視野に入ってきた。 終盤の失速パターンは毎年同じで、点が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

もはや年中行事の9月戦線…、まともな指揮官を望む。

【VS中日戦 2-7 負】 柴田2番起用、6回表の三塁走者マートンでのディレードスチールなど大事な時期に相変わらずの迷采配が炸裂しており、本当にシラける。 大事な9月に柴田を2番に起用。もう根拠も何もない。いき当たりばったりの思いつきでしかない。読売を見て欲しい。開幕からあれだけ打順を変えていたが、8月末から長野、亀井の離脱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダメージの残らない敗戦。

【VS読売戦 0-4 負】 この3連戦は両チーム共、3つ負けなければOKだった。2試合があまりに劇的過ぎて、タイで迎えた今日の3戦目は何かエアポケットに入ったような感覚だった。阪神にとっては本当に昨日の勝利が精神安定剤になっており、今日は分ありと見ていたが甘くはなかった。しかし、今日の敗戦はダメージも残らず、打てなかったので負けた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1.5軍の読売にも勝てない…。

【VS 読売戦 3-4 負】 今日の読売のスタメンは1.5軍メンバー。アンダーソン、長野、亀井、由伸と外野レギュラーが全員消えている。こんな状態で、投手陣も誤算だらけでも1位を譲らず今日も勝ち切る。阪神がこの状態なら最下位に沈んでいるだろう。読売がベストメンバーなら勝負にならない。 優勝は9月のDeNA8試合、中日6試合がポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不可解な大和2番。

【VS中日戦 3-1 勝】 中日に勝たしてもらったありがたいゲーム。かつての落合中日なら考えられない名手大島のエラーだった。優勝戦線から早々に脱落し、怪我人も多いので、投手目線では投げるのがリーグ一楽な打線だろう。濱田を初めて見たが、手こずるのがよくわかった。今日もほぼ抑えられており、特に右打者の膝元に落ちる遅いスライダーが厄介だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変化のない秋山がゲームをブチ壊す。

【VS DeNA戦 2-8 負】 早々に秋山がゲームをブチ壊す。球種が少なくコントロールはアバウト、フォークで腕の振りが緩む。バッピ状態でそりゃ打たれるだろう。エラーもあったが、なくても二回りもたなかった。結果に大差はない。ここ3年間、投球内容や打たれるパターンに変化が全くない。秋山に限らず2~3年同じことを繰り返す若手投手が余り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メッセ熱投で先勝。梅野は攻守に反省を!

【VS 読売戦 4-3 勝】 まずスタメンから。誰が見ても今日の俊介以外のスタメンがベターだろう。6・7番が今成・弟だと嫌らしい打線に変貌する。弟のライト守備もそれほどひどくなく、去年今成が外野守りたての頃と比較しても雲泥の差だ。もちろん左右に関係なく今成・弟を継続してスタメンで使うべきで、それは伊藤隼にも言える。 今日の梅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワダ君の采配でまたゲームが壊れる。

【VSヤクルト戦 4-13 負】 今日も接戦に持ち込んでうまくやれば勝てたゲームをワダ君のアホ采配で一気にワンサイドゲーム。もう今季何回目だろう?私の記憶では二桁に乗ったのではないか。こんな指揮官で今の順位にいること自体が奇跡に近い。では勝敗に直結したアホ采配から。 まず一つ目。4回表、無死1・2塁、打者伊藤隼。 なぜ送り…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

自ら流れを手放した6回表の攻撃。

【VSヤクルト戦 6-7 負】 しかしヤクルト打線は恐ろしい。投手の質が少し落ちると通用しない。野球も粗いが、こういうチームが最下位にいて勝負どころの8~9月にはやりたくない。何も考えないイケイケ無責任野球。これほど怖いものはない。これはDeNAにも言えるだろう。そう言う意味では今週のDeNA戦は今のうちに消化したかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来るべき夏場へ向けて新戦力チェック。

先日金本が7月の好調ぶりについて「何で強いのかよくわからない」と発言していたが、的を得ている。連勝中もずっと気になっていたのは勝ちパターンの少なさ。阪神の場合、勝つには先発がゲームを作ることが絶対条件になる。これからの夏場は、投手が序盤に崩れても打ち勝つパターンや、先制・中押し・ダメ押しと大量得点で勝つパターンなどが入ってこないと苦しい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

上本価千金2ラン!そして榎田、呉を蘇らせた鶴岡のリード。

【広島戦 4-3 勝】 結果的には阪神と広島の野手の選手層の厚さが出たゲームだった。 これだけの接戦のロースコアで、代打アライ、代走大和がまだベンチに残っていた。この厚さは広島にはない。 勝因はもちろん、打てたことがない前田を打ち崩した上本同点2ランだが、あえて同点後の榎田、呉をリードした鶴岡を挙げたい。 上本はスライダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤浪プロ初完投。次はロースコア、僅差でこの投球を!

【VS中日戦 8-1 勝】 サードアライ、ライト弟。先発が左の雄大なのでやるだろうと思っていたが、やっぱりやってきた。単発でアライを使いのはいいが、あくまでも今日限定で、交流戦のように継続して使うのは止めた方がいい。アライの打撃と守備に継続性はない。問題は弟で、2軍ではライトで出ていたようだがどうなんだろうか。あまりにもその場しの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more